六角脳枕は何故安眠できるのか?

六角脳枕は安眠できる枕として人気を集め、その結果、首や肩がらくになります。

それでは、六角脳枕が何故安眠できるのか、その秘密について紹介していきます。

1、枕を凹凸にすることで、安眠や寝返りの負担を減らし、肩や首をらくにする
通常の枕は一定の高さですが、横向けや仰向けに寝返りを打つと、
肩幅によって頭の高さに違いが生じます。
そのため、寝返りを打つたびに首や肩に負担がかかり、それが肩・首のコリの原因になります。

しかし、六角脳枕は、凹凸になっていることで、寝返りを打っても、
適切な高さに調整され、肩や首に負担がかかりません。
また、六角脳枕の凹凸は、電車に乗っているいる時のような心地よいゆれを与えるので、
安眠できるのです。

2、低反発マイクロウェーブの素材を採用
六角脳枕は素材にも様々なこだわりがあり、その中でも特に特徴できなのが、
低反発マイクロウェーブです。
この低反発マイクロウェーブは、頭や首、肩にしっくり馴染んでフィット感を与えてくれます。
その他にも「通気性・肌触りが良い」「気温の変化に強い」「高さの調節がしやすい」「寝返りの時、首への負担が少ない」等言った効果があります。

3、冷却材を内蔵している
人間が眠くなる時、体の体温が下がる時です。
よく雪山で遭難すると眠くなると言いますが、それは体の体温が下がるからです。
その原理を利用して 六角脳枕には、冷却材を2つ入れ、
ひんやりとした心地よい眠りを誘う事が出来ます。

ですので、口コミではひんやりして気持ちいいという声が多数あります。

4、枕を6角にすることで、眠りやすい状態を作る
人間が眠くなりウトウトする時の脳波は、
θ(シータ)波が高くなることがわかりました。

そして、六角脳枕で眠ると、θ(シータ)波が高くなっているという実験結果が出ました。
つまり、六角脳枕で眠ると自然と眠りやすくなるのです。


六角脳枕

六角脳枕